【歌词翻译】あさき/神曲

歌词原文

―あるものは―

日と月と並び 峨々たる嶺
嫁いでいく 身は華燭に焼ける

やがて四方の景 触れた頭垂れて
飲んだ 蚯蚓踊る酒を

―あるものは―

腸を舐め転ばす
「産声!」
坊主は相好崩し貪る
火柱もろとも腐って
「化仏よ!」
佳人は六道

小坊主 「あろうことか!あろうことか!」

百も千も過ぎし頃
瑞光の遍し大運河に
背骨忘れて くるわ魚が
びっちゃら!びっちゃら!
暁光吐き 白道まで

泳ぐ!

腫れ上がる我のここり裂きて
抉り出した 坊主の呪い 這う

馬 「まあ!これいかにも!ただならぬ!あすこに!行きたまえ!」

唇すぼみてほざいた馬
髪掴まれ 木の葉になり舞う
魚挙り喰い!

咳き上ぐ美女 ただつくづく
乳飲みしている白衣(童のように)は呻き
煩悩の犬となりて 切っ先を向ける

這う娘は 二つの河より覗いている
白目の歯黒(子に乳飲みさす)に足掴まれ
引きずり込まれた

歯黒 「ごゆるりと」

揺ららと鳴る仙花紙の雲は極彩色よ
在す神の祝

霊香湿る
「わたくし 禍言を」
野辺の送りに
「謳うわ」

恨み 恨み 恨まれ

神国に飛び込みたる逆罰
浅浅と舞う

彼 「いかがなものか!」

雷で噛み千切る!

百八の笛を ぴるる ぴいるるる~
六根 六塵 三世
響き出でたる 鐘

わたくしの唇 震る振りて神体
ふりふり ふりふり ふりふり

あ~れ~

一度落ちた魚は苦輪
輪廻して止まぬ恨みの目
その背の鰭に突き刺し運河上る
禍言を叫び 喰い転めきて

咳き上ぐ者 ただつくづく 神拝している

彼 「やや!そこに在り!」

背中を炙る 紅蓮の炎にも気付かずに

呪いの唄 口ずさみて
女は びっちゃら びっちゃら と泳ぐ
白き道 縷々と

綴る 地の獄 是より

天道 彩裂き 照らす
光に導かれ辿り着いた地ですら苦輪の海
迷い子は紅蓮に焼かれるも 泳ぐ
偽りの瑞光を信じながら

小坊主 「我は思う!
世に一切の衆生が無くなるまで人は!
憎しみの海 泳いでいくのであろう!」

歌词翻译

―某乃―

日月同辉 巍峨山巅
妾身且嫁 身披花烛红衣

遍览四方风景 轻撩头纱
饮尽 这蚯蚓蠕动的酒

―某乃―

来回舔吮肝肠
「出生了!」
小僧禁不住喜悦
随火柱一同堕落
「是佛陀化身哟!」
佳人乃六道

小僧说 「怎会有这等事啊!怎会有这等事啊!」

纵经流转百千劫
瑞光洒遍大运河
脊柱却也都忘的 鱼儿
啪哒!啪哒!
口吐曙光 洁白雪道

游动!

我贪欲的心逐渐开裂
将其挖出 小僧的诅咒 匍匐在地

马说 「嘛!这实在是!非比寻常!往那边!去吧!」

马儿蠕动嘴唇
牵起的毛发 如同树叶般飞舞
鱼儿争食!

美人謦欬 痛楚万分
含乳饮奶的白衣(如孩童般)呻吟
如丧犬般 直指锋芒

匍匐的女孩 自两道河流汇聚处窥视
抓住白眼的羽黒蜻蛉(在给孩子哺乳)的脚
将其拽了进来

羽黒蜻蛉说 「请慢慢来」

风鸣糙云显斑斓
那是神明的祝愿

灵香弥漫
「我将 谶语」
在送葬的队列中
「唱诵」

憎恨 憎恨 被人憎恨

飞入神域遭到报应
不成体统地起舞

他说 「此为何物!」

用电闪雷鸣碎成千片!

百八十下笛声 咻噜噜 咻噜噜噜~
六根 六尘 三世
倾荡于 钟声

我的嘴唇 在神像前颤动
呼哩呼哩 呼哩呼哩 呼哩呼哩

啊~嘞~

堕落一回的鱼儿便是苦轮
无尽轮回止不住憎恨的目光
其背鳍刺破运河水面
叫嚷着谶语 吞噬翻滚

謦欬之人 痛楚万分 祭拜神明

他说 「呀呀!就在那里!」

就连炙烤脊背 狱火围绕也未察觉

诅咒的诗歌 低吟浅唱
女人 啪哒 啪哒 地游着
洁白雪道 缕缕行行

业报的 地狱 始于此处

碎虹 照耀 天道
光辉普照处乃苦轮之海
迷途之子虽为狱火所焚烧也依旧 沉浮于苦海
信奉着那虚伪的瑞光

小坊主 「我有所思!
直到世间一切众生归于虚无人类依旧!
在憎恨的汪洋中 沉浮不断吧!」

comments powered by Disqus